真夜中の占い館で散歩
オリジナル小説の公開です
http://delta66.blog3.fc2.com/

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

ギャリー・トロット(23)

 強引に開けられた入口の中にライトが照らされた。
 リーパーとトルートが先陣をきった。リーパーの右腕には包帯が巻かれていた。先ほどのクー・シーとの攻防戦で負ったものだ。
 外からのライトが届かなくなった地点でG36E備え付けのフラッシュライトが点灯された。ダイオードの冷たい光が光線を作らずに対象物を照らした。
「こちらトルート。異常なし」
 ハンドフリーのマイクでそう告げるとスヴァローグにカヴァーされてアンジェラ・ノイマン博士が建造物の中に足を踏み入れた。
 この"ナイトワールド"と呼ばれる場所では電波は使えた。だが不思議な事に通信時のノイズがこの世界では起きなかった。ある科学者は、それがこの世界が亜空間の証拠だと仮説を立てていた。地球上でも宇宙の別の場所でもないということだ。
 アンジェラの後に他の隊員に付き添われてレプラコーン社の重役クロフォードが後に続く。
 中の様子は別の隊員がムービーカメラで撮影していた。
 壁には奇妙な絵が彫り込まれていた。その絵をアンジェラが覗き込む。
 絵は人とそれと対峙する巨人だった。巨人の周りには不思議な生き物が描かれている。知られているどの動物にも該当しない姿をしている。
 アンジェラをデジカメを使って絵を撮影していった。
 その時、アンジェラは誰かの視線を感じた。
「何?」
 背後にいるスヴァローグかと思ったアンジェラが振り向く。
「どうしました? 博士」
 何かあったと思ったスヴァローグはアンジェラに尋ねた。
「いえ……なんでもない。何か変な感じがしたから」
「きっと神経が高ぶっているからでしょう。なんたって世紀の大発見です」
「そうね。そうかも」
 アンジェラは、再び撮影に集中した。
 だが、アンジェラの感じた視線は気のせいではなかった。確かに彼女らを見てる者がいるのだ。


 *  *  *  *


「アンジェラさん?」
 空間に映し出された立体映像に麻季は。思わず呼びかけた。
 しかし映像であるアンジェラは、何も答えない。 
「無理無理。それって本物じゃないから」
 光輝が立体映像に呼びかけた麻季にそう言って肩をすくめる。
「ねえ、みんなどこにいるの?」
「僕らと同じ場所。ここにいるよ」
「みんなに会いたいわ」
「それはよした方がいい。特に今は」
「何故よ」
「さっき聞こえた大きな音は、恐らく爆発物を使ったんだ。ここに強引に入り込んだのはまずかったね。起こさなくていい連中を起こしてしまったからね」
「起こさなくていい連中?」
「今に分かるよ」
 光輝の言葉に不安を感じながらも麻季は映像を見守るしかなかった。


 *  *  *  *


 トルートのフラッシュライトが扉を照らした。
「おい、扉がある」
 アンジェラが駆け寄った。
「何か書かれてる」
「非常口ってか?」
「笑える」
 トルートは肩を竦める。
「クロフォードさん。建造物内での爆破は非常に危険ですから止めてください」
 アンジェラは駆け付けたクロフォードにきつい口調でそう言った。
「分かってるさ。私も馬鹿じゃない。室内の方が貴重なものがあるはずだからな。だがどうやったら開くんだ?」
「X線カメラを使ったらどうでしょう。中の構造が分かるかも」
 付き添いの隊員の一人が気を利かせてそう言った。
「そうか、確か装甲車に積んであったな」
「x線カメラ? そんなものも持ち込んだんですか?」
 アンジェラが呆れた顔でそう言った。
「SWATでも使っている建物内や爆発物を調べるヤツ。それを使えば……」
 その時だ。
 目の前の扉が開きは始めた。
 扉の動く音に驚いたカートドッグスの隊員全員がG36Eアサルトライフルの銃口を音の方に向けた。
「油断するな!」
 開いていく扉の前でトルートもアサルトライフルを構える。
 やがて開ききった扉の奥にはさらに深い闇が広がっていた。

スポンサーサイト
 
 
 
Comment

Comment Form


秘密にする

Trackback

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 真夜中の占い館で散歩, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。