真夜中の占い館で散歩
オリジナル小説の公開です
http://delta66.blog3.fc2.com/

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

人魚姫救出大作戦! ①

 ここは深海。
 太陽の光もここには届かない。
 その闇の中に一点だけ光があった。
 ぼんやりとした光は闇の中、誰かを誘う様に灯っている。
 シレーナは心細くなりながらも灯りを目指して闇の中を泳いだ。
 光に近づくと岩をくりぬいて加工した建物が見える。深海の館だ。
 館の前に来たシレーナは、扉を叩いた。
 薄暗い中にその音だけが響き渡る。そばでは深海魚が音に気付きざわめく。
「お嬢さん、何しにきたんだい?」
 来客に興味を示した深海魚が声をかけてきた。急に声をかけられたシレーナは少し驚いたが、深海魚に向かって軽く会釈した。
「あの……海の魔女に用事があるの」
「海の魔女? ああ、シーハッグの事かい。一体、何の用かね?」
「頼みたい事があるの」
「ああ、あんたも頼むごとね。多いんだよね。シーハッグに頼み事に来る奴。でも、お嬢さん、悪いことは言わないから帰った方がいいよ」
「でも、せっかくここまで来たのに。それに私……」
「ああ、言わないでもいい。魔女に頼みごとなんてロクなことでない事は判ってる」
「そんな事ない。私はただ」
 深海魚はシレーナの言葉を遮った。
「いいかい? お嬢さん。魔女ってのはただで望みは叶えないよ。必ず代価を要求するもんだ。その代価ってのは、きっと、そいつはあんたの大事なモノだろうよ。それでもいいのかい?」
 シレーナは不安げな表情になる。
「なあ、あんたの望むのは、そいつを失っても得る事は価値あるものなのかな? よく考えた方がいい」
 少し考えた後、シレーナは顔を上げた。その表情は何かを決心した様だった。
「はい」
 深海魚は顔を振った。
「警告はしたぞ」
 そう言うと深海魚は尾ひれを貝の呼び鈴を押した。すると、館のドアがゆっくりと開いていく。
 わずかに開いた扉の隙間から声が聞こえてきた。
「誰だ?」
 その声は、しわがれて恐ろしい。シレーナの脳裏にさっきの深海魚の言葉が過る。だが、自分はこの為にここまで潜ってきたのだ。今さら引き返す事などできない。
「わ、私、海の城のシレーナ」
 シレーナは勇気を振り絞って答えた。
「実は海の魔女様に、お願いがあってきました」
 深海は沈黙した。まるでシレーナの言葉に聞き耳を立てている様に。
「お願い。代価が必要なら渡します。だから話を聞いてください」
 しばらくした後、開きかけだった扉は、全開になった。
 その中を覗き込むシレーナ。館の中は深海より薄暗く中にぼんやりと紫の灯りが見える。
 館の中は不気味だったがシレーナは意を決して中に入った。尾びれが扉を通った後、扉が閉じられた。シレーナは、慌てて扉の取っ手を押す。しかしビクともしない。これで何かあっても逃げ道はなくなった。不安になっていくシレーナは、泣きたくなってきた。
 その時だ。
「何が望みだ?」
 紫の灯りの方から声がした。
 振り向くシレーナの目の前に立っていたのは、不気味な黒衣の魔女。
「あなたが海の魔女?」
「ああ、そうさ」
 黒衣の魔女はそう答えた後、ゆっくりと近づいてくる。
「あんたも、あたしに頼みごとかい?」
 シレーナは頷いた。
「タダとはいかないよ。それなりの代価を払ってもらわないとね。楽して望みを叶えるなんて無視が好すぎるからね」
「それならわかってます」
 シレーナは持ってきた小袋の中から真珠や宝石を取り出した。だがシーハッグは、それを少し覗きこんだ後、興味を無くしたようにそっぽをむく。
「そんなもの私には何の魅力もない」
 シーハッグの素っ気ない言葉にシレーナの顔が沈む。
「でも、私の持ってきた価値のあるものはこれだけで……」
「あんたに価値はあっても、あたしには価値がない。そんな物を貰ってもありがたくもなんともないね」
 シレーナは、がっかりして俯いてしまう。
 それを横目で見ていたシーハッグは、見えないようにニヤリとほくそ笑む。
「それにしてもあんたは、きれいな声をしてるね」
 魔女の手がシレーナの頬に近づく。
「それにきれいな顔立ちだ」
 シレーナは反射的に身を引いた。怯えるシレーナに魔女は、笑った。
「そう怖がらなくてもいいじゃないか。あんたは、私の力が必要なんだろ?」
「え、ええ……」
「ああ、本当に素敵な声だね。私はあんたのその声が大いに気に入ったよ。よし! 今回は特別に何でも聞いてやるよ」
「本当に?」
「ああ、あんたの望みは叶えてやるさ。その代わり、私の望みも聞いてもらおうか。そいつが条件だよ」
 しばらく考えた後、シレーナは頷いた。
「よしよし、いい子だね。では望みを言ってみな。人魚のお嬢さん」
 シーハッグは不気味に笑いかけた。



 館の外では深海魚が心配げに窓から中を覗いていた。
「あの人魚のお嬢さん忠告も聞かないで……」
 深海魚はそう言ってため息をつく。
「魔女の代価ってのは決してロクなもんじゃないんだから」



スポンサーサイト
 
 
 
Comment

Comment Form


秘密にする

Trackback

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 真夜中の占い館で散歩, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。