真夜中の占い館で散歩
オリジナル小説の公開です
http://delta66.blog3.fc2.com/

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

悪魔は涙と取引する⑥

赤い硬貨の行方logo210×297-0503-2

 俺はなんとか言いわけをしてバールの根城から出てきた。
 そこで得た情報はエウロパが悪魔だという事。
 エウロパを父だと言ったムーンはどう見ても人間だったが。

「エウロパは、見つけたぜ」
 俺は呼び出したムーンとドイルの店にいた。
「ありがとう」
 ムーンの表情は沈んでいた。
「でも、魂を渡すのは少し待って。父さんに会ってからその後で」
「ああ、それでいいさ。本当の理由を知りたいからな」
「それってバレてるって事よね」
「エウロパを見つけたんだからな。人間じゃなく悪魔だったぜ」
 ムーンはうつむいたままだ。
「大きな勘違いだったぜ。お前の父親が悪魔とつるんでたったって話を聞いた時、てっきりエウロパという名前の方が人間だと思っちまった。けれど悪魔がエウロパって事はつるんでいたフォアボスという奴の方が人間。つまりそっちがお前の父親じゃないのか?」
 ムーンは黙って頷いた。
「おかげで俺は、わけのわからん小悪魔を必死に追いかけちまった。フォボスだと思ってな。何故嘘を?」
「仲間の悪魔を見つけてと言ったら言う通りにしてくれた?」
「したかも。結局、俺を信用してはいなかったって事だろ」
「ごめんなさい」
「いいさ、悪魔はそういうのに慣れてる。で、どうする?」
 ムーンの顔つきが変わった。
「父さんの復讐するんだ!」
「人間が悪魔を殺せると思ってるのか?」
「知ってるよ。でも父さんが残してくれたものがあるもの」
「聖弾か」
「山ほどあった。いろいろ調べたら、あれで悪魔を殺せるって……」
「悪魔を甘くみない方がいい」
 ムーンは答えなかった。
「まあ、いいさ。好きにやんな」
「とにかく魂は必ず渡すからエウロパを殺すまで待って」
 そう言ってムーンは席を立った。


「いいのかい? 行かせちゃって」
 バーテンのドイルがそう言って俺の前に酒の入ったグラスを置いた。
「関係ない」
「復讐の相手は悪魔だろ? いくら聖弾を持っていたって人間の子どもにどうにかできるわけない」
「知るか。俺は頼まれたことは済ました」
「返り討ちにあっちゃあ意味がないだろ」
 確かに魂を頂く前に命を落としてしましては意味がない。
「あんたの言う通りだよな。ドイル」
 俺は席を立つとムーンの後を追った。
「おい、代金!」
「ツケといてくれ」
「またかよ! おい!」
 ドイルの言葉を無視して俺は店を出た。背中越しにドイルの言葉が微かに聞こえていた。
「素直じゃないね、まったく」


 確にその通りだ。



スポンサーサイト
 
 
 
Comment
 

実はむにゃむにゃ・・・でした

こんにちはー高瀬さん
読んでくれてありがとうございます^^
そーです。実は最後は……ムニャムニャでした。
確かに自分にしては珍しい書き方でしたね。主人公の見た事のみという制限は中々苦戦してますけど・・・むにゃむにゃ。
この話は実は3通りくらい結末があってその中でも、マシじゃないかと思われるのを使いました。
ハードボイルド系の小説を読んでいた時、よくあった悪いヤツの自己犠牲や悪党なりの優しさなんかにしんみりとした覚えがあったので、あんな感じにしてみました。
影響されてるのは矢作俊彦とかローレンス・ブロック作品です。
この”俺”を主人公にしたストーリーの案がいくつかあったのですが、まずは最初の話が書き上がらなければと焦っていた作品でもあります。ふっきれたとゆーか、気を楽にしたらホイホイ書き進められましたけど。
あと、控えているの案が、歌姫の「声」を探す話と魔王の「ある記憶」を探す話というのがあります。
あ、ムーンは助手的ポジションにする予定でしたよ。
高瀬さん、スルドイです。
別のキャラの視点での展開も面白そうですね。その案、いただきです。
また新しいのが出来たら読んでもらえると嬉しいです^^
高瀬さん、それではまた。

NAME:delta6_6 | 2010.05.22(土) 20:23 | URL | [Edit]

 

悪魔は涙と取引する。

こんばんわ。
「悪魔は涙と取引する」を読ませていただきました。
改定に次ぐ改定でこの話には苦心されているのだなと思いました。オチには全く気付きませんでした。父親は最後には出てきて・・・と考えていましたが実はむにゃむにゃだったんですねぇ。

この話、deltaさんには珍しい読者に語りかける口調系での物語だったので読みやすかったです。別のキャラを出してそいつも読者に語りかけながら主人公の「俺」を客観的に見てもおもしろいかもしれません。探偵には相棒がつきものですよね、とまたヒロインだしたい症候群が。
ムーンがヒロインだと思うのですが今回限りのお客さんっぽいので。

個人的にエウロパの最後のシーンが切ないですね。主人公もそうですが、今回優しい悪魔が多い。主人公は何だかんだ言って人のために死にそうな悪魔です。

また何かネタ浮かべば続き待ってますよ。「俺」の能力とかどんなのあるか興味あります。
それでは、今回はこの辺で~★

NAME:高瀬涼 | 2010.05.19(水) 21:49 | URL | [Edit]

Comment Form


秘密にする

Trackback

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 真夜中の占い館で散歩, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。