真夜中の占い館で散歩
オリジナル小説の公開です
http://delta66.blog3.fc2.com/

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

案山子の庭②

logoゲイ★ボルグ297-210よこ
背景画像は「ドラゴンズプラネット」さんからお借りしました。



 霧の深い中……

 昼間だというのに薄暗い空には蝙蝠が飛び交っている。
 ライトを照らしながら一台の水色のフィアットが走っていた。
「おっかしいなぁ……ここのはずなんだけどな」
 伝説の槍ゲイ・ボルグを見つける為にスカーハはペンシルバニアに田舎までやってきていた。
 周囲を見渡しながらゆっくりとアクセルを踏むスカーハ。
 上を飛ぶ蝙蝠に気を取られたその時、目の前に何かが飛び出してた!
「おわっ!」
 慌ててブレーキを踏んだ。
 前輪のサスペンションが思い切り沈み込み運転席のスカーハも危うくハンドルに顔をぶつけそうになった。
「ふう……」
 止まった車から降りたスカーハが前を見ると地元の住人らしき老人が腰を抜かしていた。
「だ、だいじょうぶですかぁ?」
「な、なんとかね。この辺りに車が通るなんてめったにないから油断したよ」
 スカーハは老人に駆け寄ると助け起こした。
「死ぬかと思った」
「本当にごめんなさい」
 スカーハは頭を深々と下げた。
「わしも不注意だった。気にすることはないさ」
「そう言ってくれると助かります。でも、おじいさんに怪我がなくてよかったです」
 スカーハはようやく胸をなでおろした。
「ところで、お嬢さん。こんな田舎町に若い子が何の用かね?」
「私、この近くに働きに来たんです」
「そうか、そうか。しかしえらい所にきたもんだな。ここは街に比べると不便じゃぞ」
「私の住んでいた場所も似たような感じでしたから」
「あんたも田舎育ちかね」
「まあ、そんなところです」
「ところであんたは何処へお勤めなさる?」
「クラン様のお屋敷です」
 その名前を聞いた老人は表情が変わる。
「クランの屋敷?」
「はい」
「よした方がいいぞ」
「え?」
「あそこには良くない噂があるでな」
「大丈夫ですよ。そういうのも慣れてます」
「は?」
「い、いえ。なんでも」
「とにかく考え直した方がいいぞ。お嬢さん」
「いえ、これも使命ですから……あ、そうだ」
 スカーハは、ポケットから地図を取り出して広げた。
「どうやら迷ったみたいなんですよ。お城の場所をご存じでしたら教えていただけませんか?」
「むう……しかたがないねえ。この場所がここだからここをこう行って……」
 老人は地図を指差してクラン館を場所を示した。
「そうか、道を一本間違えてたんだ」
「この先を右に行けば後は一本道だよ」
「この道の先ですね。どうもありがとう! おじいさん」
「使命とまで言われちゃあねぇ。うちの孫も見習ってほしいもんだよ」
 スカーハはお辞儀をするとフィアットのドアを開けた。
「なあ、お嬢さん。クランの屋敷に行ったら庭にだけは絶対近づいちゃいかんよ」
「庭……ですか?」
「ああ、絶対だめだ」
「わかりました。いろいろありがとう」
 スカーハは車に乗り込むと再びエンジンを掛けた。タイヤが砂利を撥ねてフィアットは走り出す。
「ああ、行っちまった。何もなければいいが……」
 老人は不安げな表情でフィアットの後ろ姿を見送った。



 10分も走ると丘越しに何かが見えてきた。
「あれね? だけど……」
 暗く薄暗い雲が立ち込めるその下に城があった。不気味でなにかが潜んでいそうな場所にみえる。
 その様子にスカーハは、息を呑んだ。
 それは、これから大変な生活が始まる事を予感させるような情景だった。


 
スポンサーサイト
 

悪魔は涙と取引する⑥

赤い硬貨の行方logo210×297-0503-2

 俺はなんとか言いわけをしてバールの根城から出てきた。
 そこで得た情報はエウロパが悪魔だという事。
 エウロパを父だと言ったムーンはどう見ても人間だったが。

「エウロパは、見つけたぜ」
 俺は呼び出したムーンとドイルの店にいた。
「ありがとう」
 ムーンの表情は沈んでいた。
「でも、魂を渡すのは少し待って。父さんに会ってからその後で」
「ああ、それでいいさ。本当の理由を知りたいからな」
「それってバレてるって事よね」
「エウロパを見つけたんだからな。人間じゃなく悪魔だったぜ」
 ムーンはうつむいたままだ。
「大きな勘違いだったぜ。お前の父親が悪魔とつるんでたったって話を聞いた時、てっきりエウロパという名前の方が人間だと思っちまった。けれど悪魔がエウロパって事はつるんでいたフォアボスという奴の方が人間。つまりそっちがお前の父親じゃないのか?」
 ムーンは黙って頷いた。
「おかげで俺は、わけのわからん小悪魔を必死に追いかけちまった。フォボスだと思ってな。何故嘘を?」
「仲間の悪魔を見つけてと言ったら言う通りにしてくれた?」
「したかも。結局、俺を信用してはいなかったって事だろ」
「ごめんなさい」
「いいさ、悪魔はそういうのに慣れてる。で、どうする?」
 ムーンの顔つきが変わった。
「父さんの復讐するんだ!」
「人間が悪魔を殺せると思ってるのか?」
「知ってるよ。でも父さんが残してくれたものがあるもの」
「聖弾か」
「山ほどあった。いろいろ調べたら、あれで悪魔を殺せるって……」
「悪魔を甘くみない方がいい」
 ムーンは答えなかった。
「まあ、いいさ。好きにやんな」
「とにかく魂は必ず渡すからエウロパを殺すまで待って」
 そう言ってムーンは席を立った。


「いいのかい? 行かせちゃって」
 バーテンのドイルがそう言って俺の前に酒の入ったグラスを置いた。
「関係ない」
「復讐の相手は悪魔だろ? いくら聖弾を持っていたって人間の子どもにどうにかできるわけない」
「知るか。俺は頼まれたことは済ました」
「返り討ちにあっちゃあ意味がないだろ」
 確かに魂を頂く前に命を落としてしましては意味がない。
「あんたの言う通りだよな。ドイル」
 俺は席を立つとムーンの後を追った。
「おい、代金!」
「ツケといてくれ」
「またかよ! おい!」
 ドイルの言葉を無視して俺は店を出た。背中越しにドイルの言葉が微かに聞こえていた。
「素直じゃないね、まったく」


 確にその通りだ。



 
 

悪魔は涙と取引する⑦


 Ⅶ


 霧の立ち込める倉庫街の一角、月明かりに照らされて男が一人歩いていた。
 男は荷物の見張り番も兼ねて倉庫に住み込んでいた。
 倉庫の鍵を取り出すと差し込もうとした。その時だ。男は何かに気が付いた。
「誰だ?」
 霧の中から姿を現したのは少女だった。
「見つけたわよ。悪魔エウロパ」
 エウロパはじろりと少女の方を見た。
「見覚えのある面だな」
「父さんを殺しやがって! 悪魔め」
「思い出したぞ。あのフォボスの娘か」
 ムーンは銃を取り出すとエウロパに向けた。
「やめておけ。人の造った武器で悪魔が殺せるものか」
「ただの銃弾じゃないわよ」
 その言葉にエウロパの目つきが変わった。
「聖弾か」
 フォボスの手が腰につけた銃に手をかける。
 その時、俺は飛び出してムーンの前に立ちふさがった。
「あなたは?」
 突然現れた俺にムーンが驚いた。
「誰だ、お前?」
「この人間の娘と契約していてね。殺されちゃ困るんだ」
「ほう、用心棒代わりってわけか」
「そんなところだ」
 ムーンが背中を押す。
「どいて! 私が奴を殺すんだ」
「無理するな。人間に悪魔は殺せない」
「この銃には聖弾が仕込んであるの」
 俺が目を離した隙にエウロパは銃を抜いた。
「よせ!」
 その時、エウロパの銃口が下がったのに気がついた。
 銃声が鳴り響いた。


 次の瞬間、エウロパは地面に倒れていた。
 ムーンが茫然として、その場に立ち尽くす。
「やったわ……父さんの仇を討った」
 俺はムーンの手に握られた銃を取り上げた。
「もう、行け。こいつの仲間が来る」
 茫然としていたムーンだったが俺の言葉に正気を取り戻した。
「早くいけ!」
「う、うん」
 ムーンは霧の中に消えてった。
「さてと……」
 俺は倒れているエウロパを見下ろした。
「なあ、あんた。生きてるか?」
 エウロパは身体を起こした。
「痛いものだな……聖弾って奴は。人間め、つまらないモノを造りやがる」
「あんたわざと撃たれたろ?」
「なんで俺がそんな事を」
「さあな。だから聞いてるんだがね」
「約束したのさ」
「約束?」
「さっきの娘の父親と魂と引き換えに契約した」
 エウロパの身体が消え始めていた。聖弾が効いている様だ。
「ある時、重病の娘を死神から守って欲しいと俺のところに話を持ちかけた。それで娘の病気を治してやった」
「病気を治したならそれでいいだろ」
「いや、言ったろ? 約束したんだ。娘の命を守ると」
「つまらない理屈だぜ」
「友達だったんだよ……フォボスは」
 そう言い残すとエウロパの姿は塵になっていった。

 エウロパという悪魔は今死んだ。



 
 

悪魔は涙と取引する⑧(完)

 Ⅷ



「契約どおり、魂は渡すわ」
 ドイルの店でムーンはそう言った。
「仇も討てたし思い残すことはない。それに私、病気で死にかけたこともあるの。死ぬのなんて怖くない」
 ムーンはそう言いったが手は震えていた。
 ドイルがそのムーンの前にアイスクリームを置いていく。
「俺の奢りだ。食えよ」
 ムーンはスプーンを取るとアイスクリームに手をつけ始める。
「冷たいくて甘い」
 アイスクリームを口にほおばりながらムーンはうれしそうにそう言った。
「それが生きている証拠だ」
 俺は席から立ち上がった。
「あの……何処へ」
「支払いしてくる。お前は食べていていいぞ。俺は金を払ったら先に帰るから」
「魂、取らないの?」
 俺はムーンに背を向けた。
「残念ながら俺は契約を果たせなかった。だから契約は不成立だよ」
「でも、エウロパを見つけてくれたよ」
「忘れたのか? お前と契約したのはお前の父親を見つける事なんだぜ。俺が見つけたのは父親じゃない。それに……」
 俺はムーンの顔を見る。
「あんなトマトソースで書いた契約書なんて使えるかよ!」
 そう言い残して俺はその場を後にした。
 魂を取れなかったのは惜しいが仕方がない。
 だが、これで他の悪魔の契約は守られたわけだ。
 娘を想う父親と
 その友達だった悪魔の交わした契約は……。



 冷たい月の明かりが好きだ。

 僅か光だが、闇の中を照らすには十分。
 それに余計な物は照らし出さない。美しいものも醜い物も。
 それが気に入っている理由のひとつでもある。
 


 
「悪魔は涙と取引する」終わり

 
 

悪魔は涙と取引する(あとがき)

 こんなオチですみません(;´・`)>
 文章の量の割には結構、時間が掛ったお話になっちゃいました。
 以前から探偵モノは書きたかったのもあったので魔界+ハードボイルド探偵小説でやってみました。
 でもなかなか上手く書けないんで苦労しました。短いのに。しかもタイトル2、3回変えてます。
 この作品は元々、「闇の街のミネルヴァ」という創作品の世界を舞台にした作品でした。
 でも4稿くらいまではミネルヴァの名前を出してますが最終的には出すのも止めてました。
 (ミネルヴァを読んでくれた人にしかわからないので)
 結局、設定も夜が明けない街である、事以外出しませんでした。
 意識したのは海外ドラマの吸血鬼が探偵みたいな事をした「エンジェル」(「パフィー恋する十字架」のスピンオフドラマ)。
 また見たいんですけどDVDも出てないんですよね。
 「パフィー~恋する十字架」は何度も放送してるのに……ユニバーサルチャンネルさん。放送してください。
 
 
 

案山子の庭③

 
「あなたが新しいメイドですって?」


 そう言って老夫人がスカーハを品定めする様な目で眺めた。
 屋敷に着いたスカーハがまず会ったのはミセス・ストライカーだった。彼女はハウスキーパー。ハウスキーパーとは使用人たちを取り仕切る役割を負う。権限は主人の次にあるポジションだった。
 ミセス・ストライカーはいかにも厳しそうで典型的なハウスキーパーといった感じだ。 スカーハは緊張な面持ちでストライカーの前にいた。
「はい!! ミセス・ストライカー 」
 スカーハはバッグを探るとライセンスを取り出して読み上げた。
「欧州家事手伝い派遣協会E.H.S(Europe HouseHelpers Servant)所属、会員ナンバー478976……ちがった775541A スカーハ・ライルと申します!」
「少し長いわね」
「欧州家事手伝い派遣協会E.H.S(Europe HouseHelpers Servant)ですか? これでも歴史も古く信頼もある団体なんですよ」
「なるほど、権威あるものほど名称が長くなるものですからね。にしても長い……」
「はい、欧州家事てつ……」
「ミス・スカーハ、それはもういいですから」
「は、はい! ミセス・ストライカー!」
「とにかく、まずは旦那さまに会ってもらいましょう」
「はい!」
「旦那さまは、あそこにいるから挨拶してらっしゃい」
「はい……ってあそこって?」
「あの庭です」
 マダム・ストライカーが庭を指差した。
「庭……ですか?」
 庭は雑草が生えまくり荒れ放題だった。
 もはや雑草というより草むら……いや、森といった感じだが、その中で何か何かが動いてるのが見える。
「あ、いたわ、ご主人様よ。ご主人さまーっ! 今から新しいメイドがそちらに参りまーす」
 満面の笑みで森……いや、庭に向かって手を振るミセス・ストライカー。
「あの、ご主人さま、なんであんなところに?」
「庭いじりはご主人さまのご趣味なのです」
「……の割には随分、荒れているように見えますけど」
「美的感覚は人それぞれ。それより私たちが手を出すと怒りだすくらいですからあなたも気をつけるように」
「なるほど。注意します!」
「では、いってらっしゃい」
「はい?」
「いや、だから旦那さまのところへ行ってらっしゃいな」
「あのぉ……ミセス・ストライカーが私を旦那様に私を紹介していただけるのでは?」
「それは、あなた一人で行きなさい」
「はあ」
「私は危険な場所には行きたくな……いえ、他に用事がありますから旦那さまのところにはあなた一人で挨拶に行ってらっしゃい」
「はい? 今、気になる事、言ってません?」
「い、言ってません! 空耳でしょう。危険なんて言ってません」
「危険? 今、危険って言いましたよね?」
 問い詰めるスカーハにミセス・ストライカーは、目を合わせなかった。
「ああ、そうだ! 私は急ぎの用事があるんだったわ。じゃあ、ミス・スカーハ、気をつけて」
 そう言ってミセス・ストライカーは行ってしまった。
 ひとり取り残されるスカーハは庭を見た。
 そこには何かがいる。

 何かが……

 
 

カルシルアの戦歌

カリシルアトップ用280×400横カリシルア0121-2
惑星インフェリアは謎の機械生命体ガルバの侵略を受ける。先住種族ヒリア人と交流をとり始めていた地球政府はインフェリア解放の為、軍事作戦を敢行した。そんな中、地球から新兵器が送り込まれる。パイロットはインフェリア王家の血を引く者だった。SFロボットアクション(原案ORIGINAL NOVELCITY MAXWELLのリコさん) 


 1、戦いの惑星
 ①
 (2稿目)

 惑星インフェリア
 地球から数千光年離れたこの星は豊富な酸素と水を持つ惑星だった。
 恵まれた環境の、この星には知的生命体が生存していた。
 人類はこの知的生命体を「ヒリア」と名づけた。
 それは彼らの言葉で"人間"という意味だ。
 人類が初めて彼ら「ヒリア」にコンタクトを取った時、彼らは大きな問題を抱えていた。
 侵略者の存在である。
 「ヒリア」の言葉で"人間でない者"の意味の彼ら「ガルバ」たちは、交渉も警告もなく唐突に侵略を開始。インフェリアの大地には機械生命体である「ガルバ」自身の生産工場が建造された。この強引な開発で多くの森が焼かれ湖が汚された。
 先住種族のヒリア人たちが抵抗をしたのはいうまでもなかったが進んだテクノロジーを持つガルバは手強く、状況は悪化していった。
 そしてヒリア人との交流を始めて8年後、はるか彼方のトラブルに最初は傍観していた地球軍もインフェリア解放の為、大規模な軍事作戦を敢行する。
 作戦開始後、数か月でインフェリアでの形勢は逆転してものの地球軍に多くの損害を出す事となった。
 そして2年が経過した。
 だが戦いはまだ続いている




「こちらブラボーワン、予定空域に入る」
 青天の大気の中、複座式の戦闘攻撃機が北に向かっていた。
「レーダー作動中。だがターゲットはまだ感知できない。失敗か?」
 雑音混じりの返信が入る。
『ブラボーワン、テストターゲットの打ち上げが遅れている。すまんが旋回を続けてくれ』
「了解」
 後部座席のパイロットは肩を竦めると操縦する前のパイロットの肩を叩いた。
「だとさ、キーファ」
 パイロットは操縦桿を上げると機体を上昇させた。
 本来の目的は地球から届いた新型レーダーのインフェリアでの適応性をテストする為だった。しかしテストターゲットの遅れで出来た余裕の時間をパイロットは別の目的に使う事にした。
 機体は上昇を続けたが、すぐに青い空は夜の様になり、下にはインフェリアの大地が曲面をみせている。今、テスト機がいるのは大気と宇宙の境目だ。
 操縦桿を握るキーファは、この大気と宇宙空間の境を見るのが好きだった。
「ヒーハァ! 最高だな! キーファ」
 後部座席のルーザが興奮気味のそう言う。
「ああ、いい景色だ」
 変わらぬテンションで答えた操縦桿を握るキーファも内心は十分楽しんでいた。
「だが、じきに基地から文句が来るぜ」
「来たら降ろせばいいさ」
「だな」
 その時、キーファはレーダーに何かが映ったのに気が付いた。
「おい、ルーザ」
「なんだ?」
「テストターゲットの打ち上げは遅れてるんだったよな」
「そう言ってたぜ」
「じゃあ、今、レーダーに映っているのは何だ?」
「おっと、やばい……テストを開始したのかも」
 ルーザは、慌てて新しいレーダーのシステムを見る。
「ターゲットは降下中」
「おい、ルーザ」
「なんだ」
「ターゲットは打ち上げの筈だろ? こいつは降下中だ。変だぜ」
 そうしてるうちに基地から返答の通信が来た。
『ブラボーワン、ターゲットは、まだ打ち上げされていない』
 基地の管制室からの返事にパイロット2人は眉をしかめる。
「ルーザ、ターゲットの識別は?」
「まてまて、えーと」ルーザが慌ててディスプレイの表示を確認する。
「地球軍の宇宙駆逐艦の識別だ!」
「友軍か」
「ああ。だが、それ以外のオマケも付いてるぜ」
「オマケ?」
「ガルバどもの機動兵器が2機喰らいついてやがる」
 レーダーに映った敵の存在にコクピット内の緊張感が高まっていった。


 
 
 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2010 真夜中の占い館で散歩, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。